思い付いたことを書くとよ!

好きなこと、好きなもの、好きな食べ物、好きな場所。何か紹介したいな、知ってほしいなというもの書きます!

【競馬予想】安田記念2022年

本命馬
◎シュネルマイスター

参照元【安田記念】シュネルマイスター、マイル色の強い走りで復活期す「東京の舞台でなんとか」手塚師|極ウマ・プレミアム


今回のメンバーで一番強い馬だと確信があります。
今現在のオッズ4.6倍はとてもおいしい。
⇒昨年の成績
NHKマイルCを制覇(ソングライン2着)
安田記念3着(ダノンキングリー1着、グランアレグリア2着)
毎日王冠を制覇(ダノンキングリー2着)
マイルCS2着(グランアレグリア1着)
*直近のドバイターフは8着

ソングライン、ファインルージュ、イルーシヴパンサー、セリフォスは魅力的な馬ではありますが、G1未勝利馬です。

一方、
出走メンバーG1馬はカフェファラオ、ダノンザキッド、シュネルマイスター、レシステンシア、サリオス、ナランフレグが該当します。

カフェファラオ⇒フェブラリーS
ダノンザキッド⇒ホープフルS
レシステンシア⇒阪神JF
サリオス⇒朝日杯FS
ナランフレグ⇒高松宮記念

ただ、
カフェファラオについてはダートG1。
ダノン、レシステンシア、サリオスについては2歳時でのG1。
ナランフレグは短距離G1。
と芝マイルで最近G1を制した馬はいません。

と、考えると『シュネルマイスター』が本命馬と考えしまうわけです。

他に気になる馬の筆頭
○セリフォス

参照元セリフォス - Serifos - 競走馬データベース | 競馬ラボ

G1馬ではありませんが、2歳デビューから高い評価を得ていた馬で、朝日杯2着馬。
朝日杯FS1着馬ドウデュースは日本ダービー制覇。3着馬だったダノンスコーピオンはNHKマイルC制覇。という成績を残しており、セリフォスもG1馬になる可能性は高いと感じています。
安田記念では斤量54kg、休養明けだったNHKマイルCでも不利となった内を走り4着と力負けした感はありません。叩き良化しており今回は万全の仕上がりと見ています。

今年の安田記念は雨が何とか持ち堪えてくれそうです。湿るとソウルフラッシュとかヴァンドギャルドとを悩みましたが、今回は見送りました。


購入馬券

馬単:シュネルマイスター1着

3連単:2頭軸マルチ シュネルとセリフォス軸

3連複:相手馬含めたBOX

勝ち馬がわかる 競馬の教科書 改訂版 (池田書店)

新品価格
¥1,170から
(2022/6/4 23:09時点)