思い付いたことを書くとよ!

好きなこと、好きなもの、好きな食べ物、好きな場所。何か紹介したいな、知ってほしいなというもの書きます!

【競馬予想】オークス2022年

東京競馬場

芝2,400m

 

◎本命馬

2.スタニングローズ

父:キングカメハメハ

母:ローザブランカ(母父:クロフネ

f:id:m0ssan:20220521214330j:image

出典元:https://p.nikkansports.com/goku-uma/photo/news/00000004/2022/04/25/202204250000776-1.jpg

 

オークスはこの時期の牝馬にとって初めて走る距離であり、中々予想するのは難しいです。

能力が断然であれば、桜花賞馬がオークスを制することが多々あります。

 例えば近年で言うと、ソウルスターリングミッキークイーンなど距離適性がマイルであるにも関わらずオークスを制しています。

 一方で、ソダシ、レーヌミノルキストゥヘヴンなどマイル以下の適正がある桜花賞馬がオークスでは大敗することもあります。

 桜花賞の着順がオークスに反映されるかと言うと、必ずしもそうではないのが、このレースの特徴です。

で、今年はどちらかというと、昨年と同様で断然能力の抜けた馬はいない。と考えています。

 

そのため、今回は血統重視の予想をしました。

1番人気予想のサークルオブライフ

シーブリーズライフ産駒はみんな短距離を走っていました。中長距離以上の適正は期待できず、桜花賞も惜敗。父エピファネイアは期待できるが本命にはできないと判断。

 

桜花賞1番人気だったナミュール

母サンブルエミューズ産駒で現役馬ヴェスターヴァルドはマイル以下に適正がありそう。ただハービンジャー産駒は2000m以上で能力を発揮するので、ここでは未知数。

などなど予想していくと、、スタニングローズに辿り着きました。

父ギングカメハメハ産駒は1800〜2400mで能力を発揮し、馬場が荒れていても成績を残せるという強みがあります。また、産駒は使い詰めると故障しやすい傾向にありますが、陣営は桜花賞を敢えて回避し、ここに照準を合わせてきたところが更に魅力が増した要因です。

調教師曰く、『ナミュールを負かすとしたらスタニングローズだけ』と同厩舎の馬を相手に評していました。

 

当日は雨〜晴れが予想されており、良馬場にはならないでしょう。

 

枠的要素で見ても、

関西馬は1、2枠(スタニングローズは関西馬

関東馬は5〜7枠を狙え。

 

買い目

馬連

軸:2

相手:1、3、8、9、16、18

6通り

f:id:m0ssan:20220521231733j:image

 

ウォーターナビレラとのワイド

f:id:m0ssan:20220521231833j:image

 

おまけ

ウォーターナビレラ軸の3連複

f:id:m0ssan:20220521231307j:image

 

当日は府中競馬場へ👇