思い付いたことを書くとよ!

好きなこと、好きなもの、好きな食べ物、好きな場所。何か紹介したいな、知ってほしいなというもの書きます!

2022年中山記念(2/25現在)予想

競馬場:中山競馬場 右回り 
距離:1800mm
天候:晴れベース(馬場状態:良)

出馬表はこちら👇
race.netkeiba.com


私が最も重要視するものは「コース適性」です。
特に中山競馬場が得意な馬は滅法強い傾向があると考えています。
私が競馬を始めて以来、(ディープインパクトやオルフェーブルのような超1流馬は除く)中山競馬場で類まれな強さを発揮した馬と言えば、「マツリダゴッホ」という馬を挙げます。中山巧者であり、中山競馬場でした重賞勝ちをしていないという程です。その中でも2007年有馬記念は2着にあのダイワスカーレットを抑えて見事に勝利しました。ちなみに単勝人気9番人気であの時の3連単80万は忘れられません!

ちなみにマツリダゴッホの競争成績はコチ👇
db.netkeiba.com





ということで、中山競馬場は実力+競馬場適性がものをいうレース場です。
今年の中山記念に同じような資質を持った馬2頭がいます。

まずは一昨年のコントレイルが制した皐月賞の3着馬であり、スプリングSセントライト記念、ディセンバーSと中山巧者ぶりを発揮しており、むしろ中山競馬場以外は走りません状態の馬です。
前走、12着と大敗しており、半年の休暇明けということから、今回も人気薄である可能性が高く推したいところです。
また、中山記念は1,800mと中距離であり、短中距離馬にとっては少し戦いづらいと考えてます。
当馬にとっては最適距離と考えられることから、今のところの一押しです。

14.コントラチェック
中山競馬場を8走して重賞3勝を含む6連対。新馬、未勝利戦以外は中山競馬場でしか結果が出ていないという馬です。
こういう馬が気になるんですよ。
前走の福島記念では15着とこちらも人気が落ちることが考えられれます。
1点気になるところは1800mという距離が限界というところです。
最後直線のゴール手前にある急こう配な登り坂で体力が必要!というところで力尽きるという結果も想定されるため、2番手評価となりました。


実力的には11.カラテと15.ダノンザキッドは抜けていると思われます。
○カラテ

○ダノンザキッド

後は、レース当日の傾向を踏まえながら最終的な予想を立てたいと思います。




今の所の今週のもっさんの買い目はこちら👇
○ワイド
3-14 1点×300円
 計3,000円